業界団体の役員会議、総会を無事に終えました。

6月18日(土)、通常営業を終え、一般社団法人日本カイロプラクターズ協会の役員全体の会議に出席するため都内に向かいました。

翌日の総会に向けて、全国から役員が出席、北は北海道、南は九州から地域ブロック長も参加され、来年度活動計画案や予算案の協議が行われました。

 

6月19日(日)、年に一度の定時総会が行われ、副会長である私は慣例により議長に任命され、無事に議事進行を務め終えました。

 

毎年、総会に合わせて午後に行われるセミナーでは、私と同じく東京カレッジオブカイロプラクティックで非常勤講師として教鞭を執られている竹谷内克彰先生による「リスクマネジメント」の講義。

現役の整形外科医でもある先生から見た、カイロプラクティックと他の医療関係者にある認識の違いであるとか、また新たな視点と気づきをいただけて貴重な経験となりました。

 

このように、パリナーマ茅ヶ崎を休業させていただき、業界活動などを精力的に行っておりますが、積極的に学ぶことによって患者さんに還元できるような努力を続けてまいりたいと思います。

 

今後ともよろしくお願いいたします。