カイロプラクティック パリナーマ茅ヶ崎について



当院の理念


当院では、「あなたの Quality of Life サポーター」という臨床理念を掲げています。

Quality of Life(QOL)とは、
生活の質・人生の質・生命の質という意味です。
つまり、QOLを大切にする生き方とは、自分らしく幸せに満ちたよりよい人生を送る生き方ともいえます。

サッカーでは「サポーター」と呼ばれるファンの送る声援が、実際にプレーする選手を力づけるといいます。
主役である皆さんの日々の生活をポジティブに力づけ、Quality of Lifeの向上を後押しできるような存在になりたいという想いが込められています。


当院の哲学・価値観


当院では、「あなたの Quality of Life サポーター」という臨床理念の実現のために以下のような哲学・価値観を持っています。

いつでも頼れる「人生の伴走者」

院では来ていただいた患者さんと症状の改善だけでおしまいになるようなお付き合いを想定していません。
末永いお付き合いを通して、皆さまの日々の生活に寄り添い、いつでも頼りになる存在であることを目指しています。

 単に痛みや症状を治すための場所ではなく、人生をよりよく生きるために叶えたい夢や願望を実現するためのサポートができる場所でありたいと考えています。

患者さん中心のヘルスケアの実現

お一人お一人に合わせたQuality of Lifeをサポートするためには、事前に用意されたコースメニューなどは存在しません。
しっかりとお話をお聞きし、必要な検査をして、原因と対応策について分かりやすく丁寧にご説明することで、十分に納得していただけるようにプランニングしています。
そこから生まれる信頼関係こそ、QOLの向上に欠かせないものと考えています。

身体のプログラムを調整する「人体のエンジニア」

問題が起きている部位だけではなく、その原因も視野に入れなければ根本改善になりません。
それには、身体のパーツ(ハードウェア)だけではなく、身体の使い方(プログラム)を改善することが不可欠です。
当院には、隠れた問題まで見つけ出し、身体の使い方を変えていく「人体のエンジニア」としての必要な知識と技術があります。

人体の素晴らしさへの気づきと再発見

カイロプラクティックには「身体が本来持っている素晴らしい能力を活かす」という哲学があります。

当院ではその哲学を基礎にして、脳科学、心理学、発生学(胎児の成長)、東洋思想などあらゆる分野の見識をかけ合わせることで、人体の素晴らしさ・すごさに気づいていただきたいと考えています。

その場で起こる身体の変化とともに、ご自身の身体がもっている可能性を再発見していただきたいと思います。

母性に対する畏敬と貢献

妊娠・出産・授乳など、男性には成し得ない母性に対する畏敬の念があり、子育てに関わる女性を強力にバックアップしたいと考えています。
当院では、妊娠初期から臨月まで対応できる十分な知識と経験を持ち、様々なトラブルに対応できます。また、産道を通りやすくすることで安産になるように調整します。
そして、育児期のお母さんの体調や精神状態はお子さんの情緒にも影響を与えるものと考え、お母さんがお子さんに十分な愛情を注げるように、身体的・精神的な負担を軽減することで貢献したいと考えています。

ウェル・エイジングという発想

病院や他の治療院などで「歳のせい」「加齢によるもの」と言われて改善を諦めてしまう方がたくさんいらっしゃることを大変残念に思います。
たしかに長年負担をかけ続けたことによる痛みや症状はあります。しかしながら、その負担をうまく分散させることで症状が改善することは大いにありえます。
誰にでも訪れる「老い」ということに対して、加齢に抵抗するアンチ・エイジングという発想ではなく、よりよく歳を重ねていくウェル・エイジングという発想を少しでも多くの方に届けたいと考えています。


当院のミッション


当院では、国民の皆さんが安心してカイロプラクティックを受けられる環境を広めるため、以下のミッションをお約束しています。

  • カイロプラクティック・ケアを通して皆さんの健康の回復・維持・増進に貢献し、自らの持つ哲学・知識・技術を最大限に発揮して夢や願望の実現を後押しすることで、幸せと喜びに満ちたよりよい人生を送れるように、Quality of Life の向上をサポートし続けます。
  • 医療・ヘルスケアのネットワークにおいて、神経筋骨格系のヘルスケア専門家として正しい知識と技術を提供し、必要に応じて他の医療関係者と連携を図り、患者さん中心のヘルスケアが実現できるよう、常に自己研鑽し続けます。
  • 日本におけるカイロプラクティックの正しい普及のため、地域におけるカイロプラクティック・ケアの提供のみならず、カイロプラクティックの法的整備や教育水準の国際基準化などの活動に対して貢献し続けます。

院名の由来とロゴマークのご紹介


パリナーマ(pariNaama)とはサンスクリット語で仏教用語の「回向(えこう)」という意味です。回向とは、「善い行ないによって得た功徳(くどく:幸せエネルギー)を他の人のために差し出す」という意味があります。

 

私は宗教家でもなく、とりわけ信心深いわけでもないのですが、祖父が亡くなった際に法事でお坊さんがお話しくださった回向という言葉に強い感銘を受けました。みんなが幸せになれる考え方だと自分の心にスッと入ってきたのです。

 

このたび、自身のカイロプラクティック・オフィスを開院するにあたり、「生まれ育った茅ヶ崎の地で、家族や友人、お世話になった諸先輩方への感謝の意を込めて、カイロプラクティックを通した社会貢献をしたい。」そのような想いが院名に込められています。

また、ロゴマークには茅ヶ崎のシンボルである「烏帽子岩」、カイロプラクティックの語源である「手」をモチーフにし、善い行ないによる幸せエネルギーが人から人へと伝わり循環していく様子を円形に表しています。

 

皆さんには、ぜひ当院で見つけた幸せエネルギーをほかの誰かに伝えていただき、皆さんで心身ともに健康で安らぎと幸せに満ちた社会を築いていきたいと思っています。