よくある質問


ピラティス

Q.ヨガと何が違うの?

A. ヨガとピラティスはルーツや目的、実際の動きなど、多岐にわたって異なります。

 ピラティスは宗教的行法ではなく、第一次世界大戦で負傷兵の身体的な機能を回復・向上を目的として考案されたものです。ピラティスの動きは1つの動きを丁寧に数回繰り返します。単に身体を動かすのではなく、呼吸とともに体の細部にまでコントロールを集中させることで、より質の高い動きと身体を目指していきます。

 

 これに対してヨガは元来古代インド発祥の伝統的な宗教的行法で、ヨガによって心身の制御と精神の統一を図り、悟りを開くために行う修行の1つと言われています。ヨガの場合は、異なる動きをどんどん繋げて動き、精神と肉体にフォーカスしていきます。

Q.カラダが硬くてもできる?

A.    はい。カラダが硬くても大丈夫です。ピラティスでは関節に無理のかかる動きは行いません。むしろカラダが硬い方にこそピラティスはおすすめです。

カラダが硬いということは身体中にある関節の動きが少なくなっている場合と、身体中をまとっている筋膜の硬さによって動きが減少している場合があります。これらは日頃のカラダの使い方のクセなどからくるものなので、関節や筋膜が動きやすいようにカラダを緩めてから正しい動きを身につけることで自然に柔軟性も出てきます。またそういったことが痛みや不調の予防・改善にも繋がっていきます。



Q.男性でも受けられますか?

A.   男性も大歓迎です。スポーツのパフォーマンスアップ目的や運動習慣を身に付けたいなどといった目的で男性にも受けて頂いています。ピラティスは運動力学や解剖学に忠実に行なっていくので、体感覚と理屈の両面からカラダを理解することができ、男性にも楽しんでいただけます。


Q.スポーツジムのピラティスと何が違うの?

A.    当院ではグループレッスンでも最大4名までですので、お一人おひとりのカラダやレベルに合わせたキメの細かい指導を行なっています。単にインストラクターの動きを真似して動くだけでなく、どういうイメージでカラダを動かすといいのか、丁寧に指導しますので質の高いレッスンを受けることができます。

 また、プライベートレッスンではピラティス専用マシンを使いながらオーダーメイドのレッスンを行います。マンツーマンですので、ご自身のカラダのウィークポイントを改善したり、さらにパフォーマンスをアップするためのチャレンジができます。特にダンスやスポーツをされている方には指導者とはまた違う専門的な(解剖学的・生体力学的な)観点から動作解析や動きの修正指導もできます。


Q.妊娠中でも受けられますか?

A.    はい。妊婦さんの場合はかかりつけの産婦人科医の先生の許可のもと、マタニティピラティスを受けていただけます。(プライベートレッスンのみ)ピラティス未経験者でも大丈夫です。

産前からピラティスを受けることでコアの働きが良くなり、赤ちゃんを高い位置でキープできるようになることで逆子や切迫早産のリスクを軽減できます。また腹圧と呼吸のコントロールができるようになるとスムーズなお産に向けて準備ができます。産後の早期回復にも役立ちます。詳しくはこちらをご覧ください。


Q.ピラティスで痩せますか?

A.   人それぞれ、体質にもよりますが身体の変化は出ます。

体重が減る方もいれば、体重は変わらないけど見た目が痩せてキレイになったケースなど様々です。特にボディラインや姿勢が変わったという方は多くいらっしゃいます。また身体のコアをしっかり使う事で基礎代謝が上がったり、内臓の働きが良くなることでスッキリする場合もあります。